セミナー情報

10月17日(火)、ジョージワシントン大学マイケル J マーコード教授を招きアドバンス講座を開催します。
テーマは『アクションラーニングコーチからの質問』です。

質問の質はセッションの深みに関わる重要な要素であり、これまでも講座や研究会において「どのように質問すれば良いのか」「どのような質問が効果的なのか」という声を多数いただいていました。
今回のアドバンス講座では、多くのアクションラーニングコーチが頭を悩ませている疑問に、WIAL(World institute for action learning)創設者であるマーコード教授がお答えします。
また、講座ではセッションで用いているスクリプトについても解説も行う予定です。

効果的な質問とは何か、スクリプトに書かれている問いかけが持つ意味、そしてそれがチームにもたらす効果について考え、アクションラーニングに関する理解を一層深める内容となっております。

皆さまぜひご参加下さい。

講師紹介

■Drマーコード
マイケル J マーコード教授

・国際アクションラーニング機構(WIAL:World Institute for Action Learning) 代表
・ジョージワシントン大学大学院、人材開発・国際関係教授。人間・組織学習学部学部長。
・同大エグゼクティブリーダーシッププログラム及びチーム・組織におけるグローバルリーダーシッププログラムディレクター

米国におけるアクションラーニングの権威であり、現在のアクションラーニング(マーコードモデル)の生みの親。ジョージワシントン大学において人材開発学博士号を取得後、独自のセオリーをもとにアクションラーニングを用い人材開発プログラムを完成させる。同大学院で教壇に立つ傍ら政府機関、グローバル企業コンサルティングをおこなう。2002年、アクションラーニングの世界的組織であるWIALをアメリカワシントンDCに創設。

<主な著書>
「実践アクションラーニング入門」ダイヤモンド社 2004年
Michael Marquardt. 1999. ACTION LEARNING IN ACTION: Transforming Problems
and People for World-Class Organizational Learning.
Michael Marquardt. 2011. OPTIMIZING THE POWER OF ACTION LEARNING.
Michael Marquardt. 2014. LEADING WITH QUESTIONS: How Leaders Find the Right
Solutions by Knowing What to Ask (2nd Edition).


開催概要
日 時 2017年10月17日(火)  10:00-17:00(昼食あり)
会 場 株式会社ラーニングデザインセンター セミナールーム
(〒105-6205 東京都港区愛宕2丁目5番1号 愛宕グリーンヒルズMORIタワー5階)
講師 マイケル J マーコード教授(ジョージワシントン大学 教授)
価格 AS会員/32,400円(税込)
一般参加者/54,000円(税込)
お申込方法 【事前予約制】
申し込みフォームよりご参加者さまの情報を入力の上、お送りください。
お申込みはこちら